何の意味もないよね~

自作MADを紹介したりMHのことを書いていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

3D講座(笑う 多面体篇

今回は六面体、八面体の作り方です。

今回は前回の応用なのでとても簡単です。
箱の時の講座もあわせて御覧下さい。

では続きを読むからどうぞ↓
~六面体~

はっきり言いますと、四面体を作るときに設定したアンカーポイントと回転の角度を変えるだけです。

アンカーポイント→1.7
   ↓
 コピー→貼付け
   ↓
 回転→60°

これを繰り返せばもう終わりです。
完成図↓
六面体

~八面体~

アンカーポイント→2.4
   回転   →45

あとは六面体と(ry

完成図↓
八面体

できたら前回同様nullオブジェクトで回してあげましょう。

これだけでは講座としてどうかと思うので、さらにこれを応用した物を。

1,まず、コンポジション1で六面体を作る

コンポ1

2,「アイテム」のウィンドで右クリック→コンポジション作成 
 レンダラはOpenGL それ意外はいじらなくていいでしょう。

3,「タイムライン」のウィンドに、「Comp2」というタブが増えてるはずです。
 「Comp2」をクリック。
  今度はそこで八面体を作ります。
 
コンポ2

4,「Comp2」で、アイテムウィンドから「Comp1」をタイムラインに追加
  このままでは何も変わりません。
 「Comp1」をカメラより上にもってきます。

ss3.png

  それからnullオブジェクトで八面体をXで回転させてやります。
  すると↓
ss4.png

こんな感じになってます。
何故かしらないけど背景の白いのまで写り込んでるので、
カラーキーなり半透明キーなりで消します。
それからComp1のnullオブジェクトとComp2のnullオブジェクトをそれぞれ適当に回してやると・・・

[高画質で再生]

自分用


こんな風になんかいい感じで回ってくれるはずです。

では、頑張ってください!



スポンサーサイト
別窓 | 講座 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今年ももうすぐ終わり | 何の意味もないよね~ | ラヴィエンテ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 何の意味もないよね~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。